top of page

お知らせ

犬の情報メディア「いぬの読みもの」にて、

当院が紹介されました!詳細は以下よりご覧ください。



■ 『いぬの読みもの』  とは

犬猫の情報メディア『いぬの読みもの』では、お悩みごとのドッグフードおすすめランキングなど、ペットに関する様々な情報を発信しています。犬・猫をはじめとするペットが大好きな皆様に、必要とされるメディアを目指しています。


当院ブログはリンク記事によるアフィリエイトは行っていません。また、リンク先の記事の監修にも関与していません。リンク記事を読みペットフードについて疑問点がございましたら、当院を受診の方には適切なアドバイスを致します。


・「今食べてるフードの食いつきが悪い」

→フードの種類の問題だけでは無く、オヤツを含む食生活に原因があるかもしれません。

・「ダイエットに適したフードが知りたい」

→減量に対するアプローチは複数あります。当院ではメーカーにこだわらず適切な方法で減量するための方法を提案することが可能です。減量は疾患(特に心臓病、運動器疾患)の治療と同義ですので、診察としてきちんとフォロー致します。

・「うんちの量や回数が多くて困っている」

→実は消化不良や食物アレルギーの症状かもしれません。高繊維食以外の良質なフードでは、通常うんちの量は多くありません。


こういったフードや減量のお問い合わせから、ペットの疾患の可能性に気がつくケースも大いにあります。当院では患者様への問診を重要視しております。今まで動物病院で獣医師に話を聞きたくても聞けなかった経験はありませんか?当院ではそういった小さな疑問を解決することを大事にしています。

ペットフードについてご相談がありましたら当院をご利用下さい。





閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ワクチン接種と抗体価測定について

このところワクチン接種と抗体価測定についてお問い合わせ頂くことが多いため,この場で解説します.年に一度動物病院からハガキが届いてワクチン打ってるけど,病院によっては毎年打たなくて良いとも聞いたことがあるし,実際のところ何が正しいのか分からないという飼い主様のお役に立てればと思います. ワクチンとは病原体を弱毒化,または無毒化された製剤のことです.多くは注射薬ですが,一部点鼻するタイプの液剤が存在し

「スケーリング」という言葉をご存知でしょうか?

いわゆる「歯石除去」のことですね。人の歯科医療では数か月に1回程度の口腔内クリーニングを行うことが一般的と言われています。では、犬猫の場合はどうでしょうか? 犬猫のスケーリングは人と違い、基本的に全身麻酔が必要です。その理由は「痛みを伴い、我慢することが難しいため」、「処置の必要性を理解できず、意識下での処置は恐怖を与えてしまうため」、「予期せぬ体動による危険を避けるため」、「冷却に大量の水が必要

ゴールデンウィーク中の診療時間と平常時の救急対応について

こんばんは、毎朝鳥の糞害に悩まされてます院長の木村です。 自宅の駐車スペースの上に3本の電線がありまして、どうやらその上によく鳥さんが止まるようなんですね。鳥フン(正確には尿)と日差しの相性は最悪でして…さすがに毎日洗車してると病みそうになるので業者さんにお願いして対策してもらうことにしました。意味があるといいんですけどね。なぜか両隣の車にはいつもフンが無い… さて、Ethos Vet Clini

댓글


bottom of page